×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グレが簡単に釣れる方法〜「山元八郎 驚異のグレ爆釣法」      

がまかつの概要

いわずとしれた、釣具・釣り用品の老舗。
ロッド、鈎、仕掛、ウェア、グッズを中心に、初心者から熟練者まで
すべての釣り人、釣り愛好家が頼りにしている、釣り具の製造・販売をしています。

がまかつのロッド

がまかつ がまかつの釣竿・ロッドには熱狂的なファンがいます。
そしてその期待にたがわず、最近のがまかつロッドは
アテンダーから始まってインテッサG4へと、目を見張る躍進を遂げています。

がま磯レッドがあり、がま磯シルバーがある、
そして、がま磯マークIIゴールドは
磯竿の世界の革命と言われて一時代を画しました。

あらゆるシーン、あらゆるステージにおいて、
磯竿作りをリードし、時代を作ってきたのががまかつです。

アングラーたちをひきつける、がまかつの竿の顕著な特徴の一つは、
たとえば「アクティブサス」と言われる重心移動といわれます。
モーメントと呼ばれる数値に顕れる「持ち重り感」と
0.8mmの繊細なソリッド穂先によって実現される絶妙なバランスは、
一度手にすると忘れられない、心地よい手ごたえを伝えてきます。

がまかつブランド

がまかつの基本のコンセプトは、設立以来変わない「自然との共存」。
たとえばがまかつの針一つとってみても、自然に錆びるカーボンスチールを用い、
環境保全への気配りを徹底し、自然あっての人間という姿勢を貫いています。

世界最高峰の技術力を常にブラッシュアップしながら、
究極のフィッシング・スポーツを探求し続けることで、
がまかつブランドは釣人から高い信頼を得ていると言えるでしょう。

材料工学、機械工学の精密技術に加えて、熟練職人の勘と感性をフル動員、
さらに道具を使用する釣人の身のこなしを精査した人間工学的要素まで、
すべてをしっかり組み入れた製品開発が独特の風格を備えた商品群に結晶しています。

がまかつブランドは今や日本から世界の幅広いユーザーニーズに向けて発信されており、
保有技術によるアウトドアファッションなどアパレル分野まで広がりを見せています。
今後は総合レジャー企業への展開も視野に入れて着実な前進を目指しています。

がまかつファンのコーナー

GFGというものがありますね。がまかつファングループの略称なのです。
GFG会則の総則にはこうあります。

・・・「がまかつ」愛好者で釣りを愛し、楽しむ者が連携と連帯感を持った格式と
品位のある集いを目的とする。併せてグループ相互の行為と友情を深め、
以て釣りの愛好者への奉仕をはかることを祈念するものである。・・・

まあ、噛み砕いて言えば「釣り好きのがまかつファンがみんなで楽しく釣りをするグループ」
ということでしょうかね。

しかし単なる釣り愛好会というには規模が大きく、会員数は全国5000名を越えているということです。
組織は全国10地区に分かれており、地区によっては地区本部の中でさらにの支部に分かれているという。

各地区では人気の対象魚を相手に懇親会や釣り大会を開催しています。
共通するのはともかく「釣りとがまかつが好き」な人たちの集まりだということです。

がまかつの口コミ

●口コミ1;がまかつの竿の魅力は「きれいに曲がる」「粘る」「浮かせる」。
私はアテンダーががまかつの集大成だと思う。

●口コミ2;がまかつのワッペンの魅力について語ると私の口は止まりませんよ。
とにかくデザインがかっこいい。「GFG」で作られているオリジナルグッズも
素晴らしいデザインがたくさんあります。

●口コミ3;がまかつの釣具をそろえたいです!釣りに行くと、全身がまかつという人が
結構いたりしますよね。そういう人を見るとビックリです!私なんかは買った釣具も
もったいなくて、しまいこんでたりします。宝の持ち腐れですよね(笑)

●口コミ4;1994年に初めてインテッサを手にしてタメの強さに驚愕した記憶は今も鮮明。
いろいろ使ったあげく、今はしっかりがまかつに落ち着いてしまった。

詳しくはこちら

がまかつの詳細はこちら!!
⇒⇒⇒ がまかつの ロッド、鈎、仕掛ほかオリジナル製品の数々〜

山元八郎 驚異のグレ爆釣法
ところで、「グレが簡単に釣れる方法」には興味がありませんか?
ハイレベルといわれるグレ釣りが初心者にも攻略できるという、
グレ釣り名人の驚異の技が目の当たりに〜〜〜

⇒⇒⇒ 山元八郎 驚異のグレ爆釣法